底辺エロ兄妹(2)「顔は変わってへんけどムキムキやん 兄ちゃん」

-3週間前-


「あっ 兄ちゃん!」


荷揚げの現場がたまたま実家の近くだったので
知り合いや家族に顔を見られないように気をつけていたが
コンビニで妹に見つかってしまった


「声かけんなや 恥ずいやろ」
「何年ぶりやろ 兄ちゃんや 兄ちゃんや」
「うるっさいなぁ 出るぞ」


手を掴んで近所の公園に連れていった


「あいかわらずブサイクやな おまえ」
「そんなん言うん兄ちゃんだけやで」
「ウソつけや 担任の先生にも言われとったやろ」
「ハハハッ 梶本先生か なつかしいなぁ」


妹は生まれつきブサイクなので傷ついたりしない
というかそもそも細かいことは気にしないタイプなのだ
勉強も簡単な算数以外全く出来ないので頭が弱いのかもしれない


「顔は変わってへんけどムキムキやん 兄ちゃん」
「勝手に触んなや ぼけ!」
「兄ちゃんも昔は勝手に触ったことあるやん うちのおしり」
「あっ なんや 気づいとったんか」


こたつで寝ている妹のおしりを触ったことがある


「兄ちゃんの家に入らせてくれるんやったら
またおしり触らせたってもええで」
「おまえ 何様やねん」
「ハハハッ 兄ちゃん 怒らすん楽しいわ」

「それより貧乏人がコンビニに何の用があんねん」
「あっ おばちゃんにパシらされててんやった」
「おばちゃんって誰や」
「あぁ そや 母ちゃん出て行ってもうてん
その代わりにみどりおばちゃんが家に来て住んでるわ」
「そうなんか」
「おばちゃんのおかげで生活出来てるんやで」


連絡は絶っていたが実家の状況は気にはなっていた
巻き込まれて元の貧乏生活に戻ることを恐れていたのだ


「今度 話聞かせてくれや」
「じゃあ 兄ちゃんの家に行ってもええん?」
「あぁ おしり触ったるからキレイに洗ってこいよ」
「やったぁ 穴の奥までピカピカにして行くわ」
「おぉ 住所と電話は・・・」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析