父子家庭哀歌~俺の娘の下着姿を見せてやる!~(9)

「は、はじめまして・・・」


ブログを公開して10日後に倉田が家にやってきた
電話では頻繁に話しているが会うのははじめてだ


「倉田くんって全然老けてないじゃない」
「そうだな 卒業アルバムと同じ顔じゃないか」
「あっ 見られたんですね は、はぁ ありがとうございます」


仕事帰りのスーツ姿はどこにでもいるサラリーマンだ


「長野はまだ来てないけど乾杯するか」
「うんうん」

「乾杯!」

「そういえば倉田くんは綾子のこと知ってたのか」
「は、はい あっ 僕も長野さんと同じように
倉田って呼び捨てにしてください」
「そうか わかった 倉田な」
「はい」

「でもうちらの時は6組まであったのに
別のクラスの名前まで知ってるって珍しいね」
「倉田 もしかして綾子のこと好きだったのか」
「いやっ 違いますけど・・・」
「即答するなんてひどいな じゃあ どうして知ってたの?」
「あのぉ 友達3人で女子全員のデータを取ってたっていうか」
「わぁ そんなことしてたんだ」
「ハッハッハ それは楽しそうだな 点数もつけてたのか」
「は、はい」
「項目は何だ 顔と体か」
「はい あと声ですね」
「マニアックじゃないか 声なんて普通どうでもいいけどな」
「そんなことないですって」
「倉田くん 熱くなってるし」
「いやっ ハハッ」

「私の点数知りたいな」
「俺が当ててやる どういう点数のつけ方なんだ」
「あっ 声は点数じゃなくてタイプに分けるだけですけど
全体の顔、くちびる、胸、おしりはAからEの5段階採点で
あと特Aとかもあったりします」
「顔は全然自信ないなぁ Eかも」
「待て待て 俺が先に言うから」
「お世辞はいいからね お父さん」
「そうだ アルバムはもうなおしたのか」
「ううん ここにあるよ」


倉田を見るために最近開いたのですぐに出てきた
学生目線で娘の姿を見てみる


「そうだな 顔はC くちびるはB 胸はA おしりはBでどうだ」
「高すぎるって お父さん 顔はDかEだし
くちびるは普通だからCかな 胸は大きい方だけどB
おしりもBだと思う」
「何だ 控えめじゃないか」
「だって低かった時恥ずかしいもん
あと由佳のも教えてもらいたいな」
「由佳って山縣さんですか」
「そう 今は野口だけどね」
「おいおいっ 由佳って言っただけで山縣って出てくるの
ちょっと怪しくないか」
「そういえばそうだね」
「あっ いやっ・・・」
「まさか由佳のことが好きだったの?」
「好きって言うか・・・顔とくちびるを特Aにしたので」
「それって好きってことじゃないか」
「・・・」
「恥ずかしがるなって」
「由佳に話したら喜びそうだなぁ」
「やめてください!!」
「もしかしたらいろいろしてくれるかもしれないのに」
「えっ!?」

「そもそも由佳ってどの子なんだ」
「この子だよ」


娘が仲良くしてることは聞いてるが
実際には会ったことはない


「おぅ 美人じゃないか モテただろうな」
「うん 私なんて引き立て役だったもん」
「ハッハッハ」
「笑い事じゃないよ もう」

「そんなことより答え合わせだ 教えてくれ 倉田くん
あっ 倉田って呼ぶんだったな」
「は、はい 声は熟女系で顔はC くちびるもC
胸はAでおしりはBです」
「おっ ほとんど俺の方が正解じゃないか」
「本当だ お父さん すごいね」
「俺だって昔は童貞の男だったからな
もちろん倉田も学生時代は童貞だろ」
「は、はい もちろん!」
「もちろんだって ハハハッ」

「今の点数知りたいな あくまでも40才の女性で」
「おぅ それいいな 綾子 点数上げるために
倉田にも生で下着姿を見せてやれよ」
「うん」


娘はすぐに下着姿になった
ブログに公開されてるくらいなので脱ぐのに躊躇はない


「うわぁ・・・」
「長野から話聞いてるのか」
「あっ・・・はい」
「そうなんだ じゃあ このままシャワー浴びてあげるね
平等に見せてあげないと」


シャーシャーシャーシャー

私は全裸まで見てるので平気だが倉田は興奮しはじめた


「シコってもいいぞ ほらっ ティッシュ」
「は、はい はぁ はぁ」


意外なことに倉田のモノが一番デカい


「綾子 こいつのチンコ 大きさがAだぞ」
「見せて 見せて」
「はっ はい あっ あぁ~~~~~~」
「えっ・・・」


倉田はシャワー室に向かって思いっきりぶちまけた
少しは娘にもかかっている


「テクニックはEだな 早漏だったとは」
「はぁ はぁ 違います 違います
こういうのはじめてだったので・・・すいません!」
「ウフフッ いじめちゃかわいそうだよ お父さん」
「すまん すまん 倉田にはお世話になってるのにな」


2人のやりとりを見てると娘と倉田がお似合いな気がしてきた
ただ倉田が好きなのは美人の友達の方なので何とも言えない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1431位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
58位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析