熟母と中年息子(13)「オサムはマセてたから自分でしてたけどね」


-2か月後-

「母ちゃん 今日からまたよろしく」
「親子なのに何をあらたまってるんだい ハハハッ」


引っ越しするまでの間は延々と母と息子のAVを見てきた


チ~ンッ


「父ちゃんもよろしく」
「ちゃんとあいさつするなんて偉いじゃないか」
「偉くないって 母ちゃんにスケベなことするのに」


母のおっぱいに手を伸ばした


「早速触ってくれるのかい」
「でもさ 本当にいいの?」
「何がだい」
「いやっ 何ていうか こんな風に揉んだり触ったりさ」


モミモミッ モミモミッ


「あんっ ウフフッ もうおばあちゃんだからね 
男に触ってもらうだけでうれしいのよ」
「男って・・・」
「おちんちんついてるじゃないか 精子も出るし」
「精子って・・・」
「そういえばクニオはよく夢精してたね 昔」
「あっ・・・」


夢精した後はパンツをゆすいで洗濯機に入れていた
バレているのはわかっていたが直接言われるのははじめてだ


「オサムはマセてたから自分でしてたけどね」
「そんなことまで知ってたんだ」
「母親だったら息子のことはだいたい知ってるわよ
洗濯もゴミ捨てもしたことないでしょ あんたたち」
「ハハッ そりゃあ・・・」

「もうおちんちん窮屈だろ 脱いで 脱いで」
「う、うん 母ちゃんも」
「あぁ わかったよ ここでするかい」
「いやっ さすがに・・・2階でしたいかな」


仏間だと父の写真を見てしまうので集中できない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1057位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析