義父と嫁のガレナー(18)「ダメですって 中毒性あるみたいだから」

「ごめんね 急に予定が入っちゃって」

「そうですか じゃあ 今日はひとりで行ってきます
お酒切らしちゃってるので」
「ううん 私の代わりに文也を連れて行ってほしいの
買うものも伝えてあるし」
「文也くん 風邪治ったんですか」


今日は元々3人で買い物に行く予定だったが
数日前に文也くんが風邪をひいたと聞かされてのだ


「気合いで治したみたいだわ 買い物に行けなくても
女の子の紹介はしてくれるって言ったんだけどね」
「ウフフッ まだ探してないなんて言えないですね」
「そうよ ウソでも探してるって言ってよね
また風邪をぶり返しちゃうから」
「わかりましたー じゃあ 迎えに行きますね」

「あっ そうそう 車の運転も教えておいてほしいのよ
免許取ってから全く運転してないから」
「えっ 免許持ってたんですね 知らなかったです」
「取っただけよ 本当に うちの人は旦那さんに
連れ回されて時間ないから」
「ハハハッ じゃあ 嫁の私が責任を取らないとですね」
「ウフフッ 冗談だけどよろしく頼むわ」
「了解です!」


思いがけず文也くんと2人で買い物に行くことになったが
ちょっと楽しみだ



「文也くん お久しぶり」
「あっ はい こんにちは」


あの日以来一度も会ってないのでぎこちない


「風邪はぽっちゃりした女性で治したのかな」
「えっ あっ いやっ・・・」


冗談を言うには早すぎたかな


「ウフフッ そうだ 免許持ってるんだってね」
「はい」
「運転を教えてって言われてるんだけど私でいいのかな
そんなに自信あるわけじゃないんだけど」
「出来ればでいいですけど・・・」
「まぁ 彼女を作るんだから運転は上手い方がいいけどね」
「そうですよね」
「でもまだ候補はいないのよ もう少し待ってね」
「はい いつまででも待ちます!」


若い男は新鮮でいいな からかいたくなる
そうだ 薬局に行ってみようかな


「今日の文代さんの予定って韓流でしょ」
「ハハッ そうです そうです」
「相当ハマってるのね」
「はい ポスターも韓流スターばっかりだし
ドラマとか音楽番組も家にいる時はずっと見てます」
「私も見てみよっかな」
「ダメですって 中毒性あるみたいだから」
「そっか」
「先に僕の・・・」
「そっちの心配?」
「・・・はい」


韓流にハマって彼女探しが中断することが
文也くんにとって深刻な問題らしい



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1057位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析