ラブホ街で再会した兄妹(1)「おまえキャバ嬢なのか」

「おいっ 歩美 こんなところで・・・」
「お兄ちゃん!?」


妹と新宿のラブホ街で8年ぶりに再会した


古川功太 27才  妹 歩美 23才 

俺は家を出て最初の会社を辞めた時に
携帯番号を変えてそのまま家族に連絡しなくなった


「この辺で働いてるのか」
「ごめん 話はあとで ちょっと離れて」


妹の方に中年の男が近付いてきたので
言われた通りに少し離れた


「これ 飲んで飲んで」
「ありがとうございます」
「じゃあ タクシーとめようか」
「あっ 今日はドンキで買い物してから帰ろうかなって」
「そう じゃあ これ取っといて」
「いいんですか さっきもらったのに」
「これはタクシー代だって いやぁ 楽しかったよ
仕事あるからもう行くけどまた遊んでくれるかな」
「もちろんです 連絡待ってますね」
「ハハッ」


その男はタクシーに乗りその場を去っていった
妹はそれを確かめたあと俺に近づいてきた


「おまえ まさか・・・」
「何?それにしても久しぶりだね」
「あっ まぁ そうだな」
「化粧してるのにすぐバレちゃったか ハハッ
でも成長したでしょ」


露出の多い服なので体の線がはっきりとわかる

身長は伸びてないし顔もあまり変わってないが
胸だけ明らかに大きく膨らんでいる


「今の男って彼氏とかじゃないよな」
「基準がわからないけど男友達のひとりだよ」
「友達って・・・年上すぎるだろ」
「冗談だよ 体験入店で知り合った人 優しいんだよ」
「おまえキャバ嬢なのか」
「体験だってば そんな面倒な仕事しないよ 無職無職
友達の家に居候してるの」
「そうか」

「お兄ちゃん そんなダサい格好で女の人と会ってたの?」
「違う違う 仕事帰りだって」
「そうなんだ でも偶然にしてもすごいよね」
「あぁ」
「仕事終わったんでしょ 韓国料理食べに行こうよ このお金で」


5000円札をヒラヒラさせている


「友達の家ってどこだ 遠いのか」
「東中野だよ 頑張れば歩いて帰れるかな」
「さっきの男 金持ちなんだな」
「ただのサラリーマンって言ってるけどわかんない
あっ 今日は3万円もらってるけどね」
「それは・・・そういうことのお礼だろ」
「あぁ~ん お兄ちゃんとこういう話するの興奮するなぁ」


俺もだ 妹とはそもそも仲がいいわけでもなかったので
スケベな話をしていることが信じられない

特に家を出る前はオナニー中毒だったので
家族が邪魔で仕方なかった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1057位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析