義母の責任(7)「ごめん 沢野くん 緊急事態」

「ごめん 沢野くん 緊急事態」
「おいっ まさか寝てる香織にいきなりぶっかけたのか」
「ううん そうじゃなくてスッピンを無効にして
他の事にするって言ったんだけどその先が浮かばなくて・・・」
「ハハハッ 林田って本当面白い奴だな
仕方ない 俺が考えてやるか」
「うん いきなり家でずっとハダカはやりすぎかなと思ったり」
「それはいいけどおまえの声聞かれてないだろうな」
「あっ そっか ちょっと待って」


ガチャッ


義母はさすがに盗み聞きしてない
廊下を挟んでるのでリビングまでは聞こえないだろう


「大丈夫 聞かれてないよ」
「だいたい未亡人で性欲たまりまくりの熟女だと
エロいことはすべてご褒美になるんだ」
「うんうん」
「スッピンもそうだけど羞恥心がないから」
「そうだ 買い物もスッピンのままで行ったって言ってたよ」
「なっ そうだろ 浮気の責任を取るっていうんだから
嫁への憎しみを香織にぶつけないと」
「うんうん でも仕事中もこのことをずっと考えてたから
浮気の事を忘れちゃってたっていうか」
「思ったより楽しんでるな おまえ」
「沢野くんのおかげだよ ハハッ」
「ハッハッハ」

「それでどうしようか」
「おまえ まだフロ入ってないのか」
「うん」
「じゃあ 香織にカラダを洗わせろ ケツの穴の奥までな」
「えっ!?」
「風呂場の中なら顔にぶちまけやすいだろ」
「いきなり?」
「早く俺も参加したくなったんだ 香織の顔も拝みたいし」

「じゃあ 脱いでもらうの?」
「いやっ 下着はつけてもらってた方がいいな
前も言ったけどマンコに突っ込んだら罰でも何でもないから」
「うんうん」
「いやぁ おまえが香織にそのセリフを言うところ見たいな
反応もどんな感じになるか気になるし」
「じゃあ 撮影しておくよ」
「ハハハッ その手があったか」
「うん 責任の証拠とか何とか言ってみるよ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1057位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析