FC2ブログ

義母の悪行(1) 「お母さん引越してくるって」

人生何が起こるかわからない

私はミヤケイクオ 33才
平凡なサラリーマンだ
出世街道からは外れているが
終身雇用が約束された会社なので
日々目の前の仕事を淡々とこなしている

妻の名前はユリ 30才
平日の夕方はスーパーのレジで働き
土日は趣味の料理の教室に通ったり
友達と会ったりしている平凡な主婦だ

結婚も5年目になると刺激もなく
ただ夫婦生活をしている感じだ
一応家を買うという目標があって
お金を貯めるというところでは
考えは一致している

夜の生活もだんだん減ってはいるが
平均すると週1回ペースであるにはある
子供は家のお金の目処がついてから
作ることにしている

私は最近土日に妻のいない家で
動画を見ながらオナニーするのを
唯一の楽しみにしている
ネット配信で購入したりしているので
PCを触られない限り見つかることはない
そもそもPCには仕事のものが入っているから
触らないように言ってあるので大丈夫だ

ジャンルはどうしても巨乳モノだ
妻の胸が小さめなので憧れもある

「お母さん引越してくるって」
「えっ 納得してくれたのか」
「ううん 同居するのはイヤだけど
心配ばかりされるのもあれだから
アパートを借りるって この近くに」
「もう部屋決まってるのか」
「そう 私に相談もしないで早速ね
3丁目の方よ」
「3丁目だと駅とうちの間くらいか」
「そう みどり酒店の向かいのアパートよ」
「俺の帰り道だぞ そこ」
「そうなの? 国道の方から帰った方が
近いじゃない」
「静かな道の方が音楽も聞こえやすいし」
「そういうことか」

義母とは結婚式やお葬式などで
数回会っただけなので
妻と違ってふくよかな体型だと
いうことくらいしか印象にない
結婚前も義父としか話をしなかったので
言葉を交わしたと言っても挨拶程度なのだ

「それで来週の土曜日なんだけど
手伝いに来て欲しいって」
「えっ 急だな 来週なのか」
「でしょ 私もびっくりしたわよ」
「おまえも行けるのか」
「予定入ってるから無理なの
どうせ役に立たないしあなたひとりで行って」
「それはいいけどさ」
「夜は一緒にごはんでも食べに行きましょうよ」
「わかった」

今まで同居もそうだが地元を離れることが
イヤなのかと思ってたので意外だった











関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析