FC2ブログ

戦友(1) 「私・・・つらかったです」

終わりの見えない戦いもようやく幕を閉じ
私たちはかけがえのない戦友になった

妻は2年前に突然倒れた
ちょうど早期退職を考えてたので
私は家に入り看病することにした

ただひとりでは限界がある

仕方なく息子の嫁のユリコにも
手伝ってもらうことにした
申し訳ない気持ちもあったが
経済的にもそうするしかなかった

同居していたわけではないので
ユリコはうちに通うことになった
昼間はほとんど任せて私は眠り
夜は私が面倒を見る
12時間交代のようにして
なんとかしのいでいた

ただ体力的にもかなりきつかった
仕事の方が何倍も楽だったのだ

妻が亡くなった時私たちはまるで
終戦を迎えた兵士のように
壁を背にして呆然と妻の病床を見つめていた

そのあと家に戻り片付けをしながら
私たちはボソボソと話をはじめた

「お義父さん・・・終わりましたね」
「あぁ ご苦労さん」
「ハハハッ もう何度も聞きましたよ」
「そうだったか そうだよな」

「本音を言ってもいいですか」
「あぁ」
「私・・・つらかったです」

ユリコは涙目になった

「わしも限界だった
ただわしまで倒れたらうちはおしまいだし」
「怖いですね そう考えると」
「あぁ あいつには悪いが
2年で亡くなってくれて・・・」
「お義父さんダメですよ」
「いやっ わしらには言う権利がある」
「でも・・・」
「そうだ つらいとかじゃなくて
ユリコさんの本音を聞かせてくれ」
「お義父さんも話してくれるなら」
「あぁ わかった」

「2年前お義父さんに頼まれた時
私本当に断りたかったんです」
「そうか」
「お義母さんのこと・・・」
「だよな あいつのせいで結婚も
なかなか出来なかったんだから」

ユリコは息子より10才年上で
それもあって妻は最後まで反対した
結婚する直前にも見合い写真を
わざと2人が家にいるときに
見せたりと本当にタチが悪かった

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックしてください







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析