FC2ブログ

母と姉と(1) 「あれっ 姉ちゃんいるの?」

会社が倒産し家に戻ることになった
失業保険をもらいながら
次の仕事を探そうと思っている

「ただいま」
「おっ ゴロウじゃないの」
「あれっ 姉ちゃんいるの?」
「お母さんに聞いてないの
もう離婚して2年よ」
「ウソだろ」
「そんなことウソつくわけないでしょ」
「母さんは?」
「仕事でしょ 多分」

母や姉に会うのは父の葬儀以来だ

家を出たときは姉はいなくて
父は健在だった なのでこの8年で
ずいぶんと家の様子が変わっていた

「まだ昼間なのにお酒飲んでるの」
「悪い?」
「いやっ 姉ちゃんってお酒飲むんだね」
「飲みたくもなるでしょ ことごとく
男運がないんだし」
「仕事はしてるんでしょ」
「してるわよ 夜の仕事だけど」
「えっ」
「スナックの手伝いよ 友達の母親の店」
「ふ~ん」

「あんたも飲む?」
「いやっ 俺はお酒弱いから」
「そうなの」
「ビール1杯で限界」
「うわっ 男のくせに」
「体が受け付けないんだからしょうがないだろ」
「お母さんもお酒強いのに」
「えっ 母さんもお酒飲んでるの」
「お父さんが死んでからね」

部屋に積みあがった自分の荷物を
整理していると母が帰ってきた

「ただいま~」
「ゴロウ お母さん帰ってきたよ~」
「おっ うん」

「いやぁ 立派になったわね」
「そんな変わってないって」
「大人の男になったわよ
まだ葬儀の時は学生みたいだったし」

褒められるのは嬉しいがまだ童貞だ

「ユキコまた飲んでるの?」
「ゴロウと再会できて嬉しいからさ」
「何言ってるんだよ 俺が帰ってくる前から
飲んでたくせに」
「私も明日休みだからとことん飲むわよ」
「えっ ごはんは」
「作るわよ 心配しないで」
「ハハハッ ゴロウ甘えてるのね」
「何が?普通だろ」
「ユキコ黙ってて私はゴロウが帰ってきて
本当に嬉しいんだから」
「まさか就職してすぐ出て行くなんて
想像してなかったらしいわよ」
「そうなんだ」
「結婚するまでは面倒みるつもりだったから」
「いいわね 末っ子は」
「2人姉弟だろ なんだよ末っ子って」
「末っ子は末っ子よ」

夕食は僕の好きなオムライスとからあげだ

「ここのからあげ美味しいでしょ」
「うん」
「やっぱりね ゴロウの口に合うと思ったのよ」
「母さんの手作りも好きだよ」
「油使う料理は最近家ではしないのよ
片付けも面倒だし」

なんだか二人とも太った気がする

「もしかして太った?」
「太って何が悪い」
「いやっ 顔も変わったような・・・」
「整形疑惑ね お母さん 私キレイになった?」
「はいはい なったなった」
「母さんも」
「私はただの食べ過ぎだわ
それにビールって結構太るのね」
「違うって いつも一緒にからあげとか
いろいろ食べちゃうから太るんだって」
「あんたは食べないのにね」
「運動してないし ほらっ いろいろと」
「ゴロウももう大人だからいいわね
そういう話も」
「えっ」

大人だと思われてるが31才でまだ童貞だ
ただギリギリ惜しいところまでは
いったことがある

昨年のことだが同じ寮に住む先輩が
飲み屋の女性と不倫をしていて
その女性で卒業させてくれようとしたのだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析