FC2ブログ

母と姉と(2) 「童貞卒業させてやるからな」

「童貞卒業させてやるからな」

僕は飲み会の席でビールを飲み
あっという間に酔っ払い
知らぬ間に本音を話してしまったらしい

「なかなか正直に話す奴いないよ」
「いやっ あれは酔ってて・・・」
「そんなのいいって 何か聞いちゃうと
責任感が湧いちゃうっていうかさ」
「あっ どうも」

その女性と待ち合わせてる店に着いた

「とにかく酔わせて部屋に連れ込むから」
「えっ 寮にですか」
「バカか 女の部屋だよ」
「いいんですか 本当に」

そのあと女性を本当にベロンベロンに
酔わせて部屋に向かった

僕が鍵を開けて先輩が女性を部屋に入れて
そして床に転がした

「う~ん 気持ち悪い」
「おいっ 水持ってこいよ」
「は、はい」

その水を飲ませたと思ったら
残っていた水をスカートにこぼし始めた

「あっ 濡れちゃったな」
「もう~」
「今脱がせてやるから」

先輩は僕に目配せした

「えっ」
「早くしろよ」

僕は恐る恐る近づきスカートをめくった

「脱がせろ」
「は、はい」

女性のはいているパンティに触れるのは
生まれてはじめてだ
ただ先輩が睨んでいるのですぐに脱がせた
するとはじめて見る本物のワレメが
目の前に現れた ただ少し部屋が暗いのと
毛が濃いので真っ黒に見えた

「突っ込めよ」
「本当にいいんですか」
「もう勃ってるんだろ」

先輩は僕のズボンを無理やり脱がせたが
この状況に萎縮してしまっていた

「おい 何だよ」
「すいません」

「うっ う~ん あれっ まだ後輩くんいたの?」

女性に存在を気づかれ焦って
僕はその場から逃げ出した

先輩とはそれから疎遠になった
後輩が僕のあとにその女性とやったようで
僕はもうカヤの外になってしまったのだ

倒産してよかったのは2人に会わなくて
済むようになったことかもしれない
会社で時々顔を合わすと気まずかったのだ


「ゴロウって彼女いたの 向こうで」
「えっ いないけど・・・」
「ずっとじゃないでしょ」
「まぁ いろいろ」

いろいろと言ってもその女性のことだけだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!






関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析