FC2ブログ

誘惑初心者(5) 「私のハダカって魅力ない?」

「私のハダカって魅力ない?」
「えっ そんなことないよ
恥ずかしくてまともに見てないから」
「かたくしないと入れられないでしょ」
「う、うん」
「触ってあげようか」
「うん」

早く済ませたい気持ちもあるので
友永くんのモノを握った
するとすぐにギンギンになった

「あっ すごい」
「すぐに入れちゃっていいの?」
「わかんない やってみて ここね」

私は誘導した
すると友永くんが差し込んできた

「あっ 痛い」
「えっ」
「もう一回入れてみて」
「うん」
「あっ ダメかも」

濡れてないのだ
ただちょうどビデオでは男の人が
ビチャビチャとワレメを舐めていた

「友永くんもあれ・・・」
「いいの?」

私はうなづいた

正気に戻ってはいけない
もうすぐ終わるのだ
友永くんもとってもいい人だし
何の問題もない

「わっ」

今まで味わったことのない快感が
体の中を駆け抜けた
友永くんはワレメを全体的に舐めているが
時々クリトリスに当たる

「友永君 そこもっと・・・」

オナニーなんて比べ物にならない
私はもうイキそうになっていた

「あっ あんっ ダメッ」
「えっ」
「やめないで もっと舐めて」
「うん」

すると友永くんは自らのタイミングで
入れてきた 今度は痛くない
ただ中でモノが大きくなっていってる気がした

「あっ もっと動いて」
「伊藤さんもう僕ダメだよ」
「えっ ちょっと待って」
「あっ」

友永くんはイッてしまった

「ごめん・・・」

処女は捨てた ただ何かスッキリしない
このまま帰りたくない

「友永くん 自分だけ・・・」
「ごめんね ガマンできなくて」
「また舐めてくれない?」
「えっ いいの?」
「・・・うん」

友永くんも終わったと思ってたらしい

さらにクリトリスを重点的に舐めてもらった
アドリブというかビデオの男優を見て
指を入れたりしてくれている

「おっぱいも触っていいかな?」

そういえば見せただけで
触らせてない これじゃ生殺しだ

「もちろんよ」

おっぱいを揉まれるのは小学校以来だ 
ただあの時はほとんど膨らんでなかったけど

「あっ」

乳首を触れられると気持ちいい
自分でよく触っているのに全く違う
そして友永くんはおっぱいを舐めてきた
指でクリトリスあたりを触りながらだ

「ずっと揉んでたい」
「あんっ 気持ちいい もっと触って」

30分くらい愛撫が続いて
私は自分のタイミングで絶頂を迎えた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!






関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析