FC2ブログ

姉とワンルーム(2) 「じゃあ追い出すの 私を」

「イサム イサム」
「う、うん?」

僕は姉に起こされた

「何だよ」
「おなかすいた」
「それよりどうしてここにいるんだよ」
「先にごはん食べようよ」
「買ってくるよ じゃあ」

姉の好きそうなサラダパスタや
野菜ジュースを買ってきた

「はい これ」
「ありがと」

年中ダイエットしてるのに
痩せないのはお酒のせいかもしれない

トイレに入るとすごいニオイだ

「あっ 消臭剤くらい置いといてよ」
「ひとりだしいらないじゃん」
「彼女呼ばないの ここに」
「ここは無理でしょ」
「まぁ そうね ホテルが無難だわ」

実家にいる時も消臭剤を使ってなかったので
このニオイも懐かしいくらいだ

「狭いよねぇ」
「ちょうどいいよ ひとりなら」
「いつまでひとりなのよ もう34でしょ」
「しょうがないだろ」
「そんなに顔も悪くないのに」
「出会いがないんだよ」
「そんなの作らないと一生ないよ」

「それよりどうして来たんだよ」
「う~ん なんとなく」

姉はバツイチで実家に出戻ってる

「また母さんとケンカ?」
「そうじゃないのよね」
「じゃあ 何」
「詳しく言えないんだけど男関係」
「ふ~ん」
「1ヶ月くらいここにいていいでしょ」
「こんな狭いのに・・・」
「たった2人の姉弟でしょ」
「もうひとりいるだろ」

この姉の上にもうひとり姉がいる

「ナオコ姉ちゃんなんて
最近実家の集まりにも来ないでしょ」
「まぁ そうだけど それはお義兄さんが・・・」
「どうでもいいわ」

義兄とうちの父の仲が最悪なのだ

「迷惑かけないからさ」
「だからスペース的に無理だって」
「昔は一緒の布団で寝てたじゃん」
「いつの話だよ」

「じゃあ追い出すの 私を」
「違うって 他にないの 友達の家とか」
「だから金沢にいれないの」
「何やらかしたんだよ」
「まぁいいじゃない」

バツイチなんだし男の生理もわかって
くれてると思うんだけど

「あっ まさか・・・」
「何」
「ううん」

気づいたようだ 姉なんかいたら
オナニー出来ない日々が続く
わざわざ大きなデパートのトイレにでも
行ってするくらいしか策はない

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析