FC2ブログ

姉とワンルーム(3) 「イサムは毎日するの?」

「いつも通りすればいいよ」
「出来るはずないだろ」
「そりゃ そっか」
「はぁ・・・」

「イサムは毎日するの?」
「悪いかよ」
「ううん しない方が心配だよ
結婚してもうまくいかないからね」
「相手がいないって・・・」
「すねないで」
改めて言われると泣きたくなる

「見ないフリしてあげるわ」
「だから気になるって」
「じゃあ 手伝ってあげる
それでいいでしょ」
「えっ!?」

こんなことあってもいいのか
オナニーを姉が手伝ってくれるなんて
AVの世界のようだ

「イサムのおちんちん見たり触ったりしても
私はなんともないしね」
「姉ちゃん・・・」
「それならいいでしょ」
「・・・うん」

あまりにいい話なので頭が停止してしまった

「ちょっと働こっかな 私」
「1ヶ月しかいないんでしょ」
「そのつもりだけど 退屈だし」
「まさか夜の仕事」
「それ以外ないでしょ 短期なんて」
「大丈夫かなぁ」
「雇ってくれるところないと思ってるの
巨乳パブとか熟女バーとか東京なら
いくらでもあるでしょ」
「それって短期じゃないでしょ」
「まだ調べてないからわかんないわ
さすがにキャバは無理でしょ この年じゃ」
「見えればいいんでしょ 20代に」
「どう?」
「全然見えない」
「イサム! 覚悟!」

姉は僕に飛びかかってきた
そしてクビを絞めていく

「わっ 苦しい」
「ウソ言わないで まだ手加減してるのに」

ただおっぱいも当たっている
イタ気持ちいい状態だ

「もうやめてよ」
「ハハハッ 楽しいわ」

僕も楽しい

「あぁあ もう反応しちゃって」
「えっ!?」

少し大きくなったモノを
姉は触ってきた

「姉ちゃん・・・」
「昨日もしかしてガマンしたの?」
「えっ いやっ まぁ」
「ごめんね」

とりあえずウソをついた

「可愛い弟のためだ」

パンツの中に手を入れてきた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析