FC2ブログ

朝昼と夜(5) 「保健の授業で習ったもん」

「やっぱりおまえ・・」

お兄ちゃんに本を見ているところを
見られてしまった
玄関の音は気をつけていたのに

「どこにいたの お兄ちゃん」
「トイレだよ」

脱ぎっぱなしの靴はなかったので
珍しく靴箱にしまったのかもしれない

「男が見るものだぞ」
「いいじゃん」
「何が面白いんだよ」
「お兄ちゃんは?」
「俺は男だから」
「女の子のハダカ好きなんだ」
「当たり前だろ」
「ふ~ん」

お兄ちゃんが私の体を見た

「今お兄ちゃん私の体見たでしょ」
「だから何だよ」
「エッチ!」
「まだ子供だろ おまえ」
「そんなことないもん」
「どこが」
「教えない」

スポーツブラをつけ始めたのも
小6になってからだ

「早く出て行けよ」
「今から見るの?」
「そんなの勝手だろ」
「あっ 手に持ってるのも・・・」
「はいはい そうだよ」

ベッドの上に本を投げた

「お兄ちゃんトイレで何してたの?」
「いいだろ」
「射精してたんだ~」
「そんなことまで知ってるのか」
「保健の授業で習ったもん」
「俺小学生の時は知らなかったぞ」

ナツコと研究してるので
もちろん男のオナニーも知っていた

「見たいなぁ」
「はぁ? 何言ってるんだよ」
「ダメ?」
「いやっ ダメだろ」
「お兄ちゃんおちんちん小さいもんね」
「小さくないよ」
「私知ってるもん」
「いつの話だよ」
「じゃあ 見せて」
「誰にも言わないか」
「うん」

もちろんナツコには自慢する

「ほらっ」

昔見てたおちんちんと違っていた

「お兄ちゃんどうしたの これ」
「小さくないだろ」
「うん」
「友達の中で大きい方だし」
「じゃあ ボッキしたら
もっと大きくなるの」
「そりゃ 2倍にはなるぞ」
「うわぁ 見てみたい 見てみたい」
「おまえも見せてくれよ じゃあ」
「いいよ」

私はスカートをめくりパンツを見せた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析