FC2ブログ

最後の晩餐(5) 「出入り禁止にするからな」

「やっぱりキレイだなぁ」
「ウフフッ ありがとう」
「覚えてないでしょ」
「ごめんなさい ほとんどの方が初対面だったし」
「当然ですよ みんな会社のユニフォームだったし」

そういえばみんな青い作業服姿だった

「尾崎フミヤです 名前と違って
ゴリラみたいですけど」
「確かに」
「池田さんひどいなぁ」
「フフフッ」
「奥さんも笑っちゃったし」
「ハハハッ」

見た目はゴリラに近い
こういうタイプの男とは付き合ったことがない
精力絶倫なのは本当だろうか
ついつい股間を方を見てしまった

「毛深いんですよね
だから女にモテないのかも」

腕を見せてくれたが想像以上だ

「胸毛を見たら逃げ出すって」
「私は嫌いじゃないですけどね」
「本当ですか?」
「ちょっと待てよ 帰ってもらうぞ」

話を聞くと同期だが年は尾崎さんの方が
4つも下なので夫の方が偉ぶってる

「主任になったのも同時だし
ライバルなんですけどね」
「うちは年功序列だろ」
「まぁ そうですよね」

「つまみだけでいいんでしょ」
「食事は一応済んでるから いいよな」
「奥さんの手料理食べたいなぁ」
「何か食べたいものありますか」
「チャーハン好きなんですけど」
「それくらいなら作りますよ」

そこから3人で飲みはじめた
元から泊まってもらう予定なので
客間は片付けておいた

「眠くなったら あっちで休んでくださいね」
「何言ってるんですか 明日は休みですよ
朝まで飲みましょうよ」
「脱ぐなよ」
「わかってますって」

いつもは酔ってくると脱いでいくらしい

「出入り禁止にするからな」
「ウフフッ」
「笑い事じゃないって」
「だからそんな失礼なことしませんって
女性の前で脱いだことないでしょ」
「あるだろ 忘年会のこと忘れたのか」
「おばさんじゃないですか」
「誰?」
「事務で働いてもらってる人だよ
あと清掃をお願いしてる女性も」
「いくつなの?」
「よく知らないけど50才くらいかな」
「ふ~ん それなら喜んでるかもよ」
「でしょ」
「何がでしょだよ」

股間を見るとビンビンだ
ズボン越しでも夫より大きいのがわかる

「あぁ 今日は調子が悪いかも」

夫は早々に酔っ払った

「寝ちゃうんですか」
「さっき飲まされたから・・・」

接待帰りなのだ
そのあとその場で寝入ってしまった

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析