FC2ブログ

傷心旅行は息子と2人で(2) 「一緒に入る?」

「オフロ入ってくるわね」
「うん」
「一緒に入る?」
「えっ」

息子とはいえ一緒にいる期間が短いので
普通に他の男と同じように接してしまう

「旅行の時までガマンするわ」
「あっ うん」

はじめて旅行に誘ったのは15年前
息子は中3で学校を休んだりしてた頃だ
当時家から遠いところで男と同棲してたので
年に1回くらいしか顔を合わせていなかった


「ねぇ 今から出かけるわよ」
「明日学校あるんだけど・・・」
「さっき聞いたわよ 登校拒否してるんでしょ」
「最近は・・・行ってるよ」
「別にいいのよ どっちでも 荷物まとめて」
「本当に行くの?」
「車もあるから温泉街にでも遠出しましょ」

まだ雪は積もってなかったが
寒くなりはじめた時期だった

「ここでいいわ ちょっと待ってて」

別れた男が実業家でかなりお金を持っていて
出て行くというと手切れ金を渡してくれたので
懐に余裕があった

「一番いい部屋が空いてたわ」
「大丈夫なの?」
「ほらっ」

札束を息子に見せると少し笑ってくれた

旅館の一番眺めのいい部屋に入った

「朝になったらすごいわよ きっと」
「そうだね」
「部屋に露天風呂があるっていいわね」
「う、うん」

私は息子のズボンを思いきって下げた

「成長したかな」
「えっ あっ」

反抗期のはずだが息子は変わらない
嫌がりもしないし焦ってるのが
わからないくらいだ

「包茎じゃないの これって」
「恥ずかしい・・・」
「誰も見てないわよ」

息子のおちんちんを触ると反応してきた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
ランキング参加中 是非クリックお願いします!





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析