FC2ブログ

純粋な姉(4) 「寝起きも色っぽいね」

「ただいま」
「コウジ 荷物ってあれだけなの?」
「うん だいたい捨てたから」
「今日はごちそうたくさん用意するからね」
「よろしく~」

すぐに姉の部屋に向かった

「入るよ~」

姉は徹夜でもしたのかイスにもたれかかって
眠っていた まぁいつものことだ

「姉ちゃん!」
「・・・」

まだ寝たばっかりかもしれない
そのまま寝てる状態で姉を観察した

あっ ノーブラだ
乳首あたりが浮き上がっている

僕が住んでいた頃はブラをしてたような・・・

僕はいびきを聞きながら手を伸ばした
黙って姉に触るのは生まれてはじめてだ

Tシャツ越しだがかたくなった乳首を
こねくりまわした

あっという間にビンビンになってきた
ただ下に母がいるのでムチャは出来ない

「姉ちゃん!」

さらに声を大きくして呼ぶとやっと反応した

「ふあぁ 何よ お母さん・・・」
「コウジだよ」
「えっ コウジ?」

寝ぼけながら僕を見つめた

「起きた?」
「あっ そっか 今日来るっていってたね」
「忘れてただろ」
「時間がわからなくなってて」
「集中しすぎだよ」
「これは注文が入ったものだから」
「えっ オークションじゃなくて注文なの?」
「そう まだ少ないけど直接取引する人が
だんだん増えてきたの」
「よかったね」
「まぁ 売上げ的にはまだまだだけどね」
「今のうちにサインもらっておこうかな」
「イヤミを言わないで」
「ハハハッ」

僕は姉の胸に視線を移した

「えっ あっ」
「いい眺めだなぁ」
「もうまだ午前中よ 全く」
「そんなの関係ないって
エッチな夢でも見てたんでしょ」
「違うわよ」

姉は顔を赤らめた
夢の内容を思い出したようだ

「教えてよ~」
「イヤよ」
「あっ 言えない内容なんだね」
「もうからかわないでよ」
「寝起きも色っぽいね」
「やめて やめて もう着替えるから出てって」

僕は追い出された
ただ姉との毎日は楽しくなりそうだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 






関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析