酒乱の姉と居候の僕(5)

「もしかして聞いてた」
「うん」
「どこから」
「えっと 大人の女にしか興味ないって」
「ふぅ よかった」

関口と紺野の話は秘密だからだ

「紺野には内緒にしてね」
「うん あっ相田くんもなの」
「えっ」

まさか安田さんに質問されると
思ってなかったのでびっくりした

「いやっ 俺は・・・」
「言っちゃえよ」
「田中おまえ~」
「ウフフッ」

関口は積極的に紺野にアプローチして
一緒にゲームをやったりしていた

「あぁ 早く帰りたい」
「そんなにエロいのか」

安田がまわりにいないか
確認してから田中は話しはじめた

「職業モノなんだけどさ
看護婦とかOLとか」
「俺にも貸してくれよ」
「それは関口に言ってくれ
そんなことより安田と話しろよ
せっかくセッティングしたのに」

僕は緊張していた
まともに話すのがはじめてだからだ
ただこのまま終わってしまうと
後悔しそうだったので勇気を出して
アプローチした

「あっ 安田さん」
「うん?」
「あのゲーム一緒にやらない?」

会話は思ったより弾んだ

「相田くんって面白いね」
「そうかな」
「ウフフッ」












関連記事
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
946位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
41位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析