FC2ブログ

姉のいる生活(3) 「玉砕すると思ってるんだろ」

「前田ってエロいカラダしてるよなぁ」

友達のタカシは小学校の時からの付き合いで
何でも言い合える仲だ

「姉ちゃんが戻ってきちゃったよ」
「楽しくなりそうだな」
「何がだよ」
「となりの部屋でアンアンするんだろ」
「えっ それは・・・」
「泊まりに行ってもいいか?」
「ただ早速お義兄さん出張行っちゃったよ」
「なんだよ それ」

タカシのおかげでエッチに目覚めるのも早かった

「思い出すなぁ 中学の時のこと」
「あのことは忘れてくれって」
「写真どっかに保存されてるかも」
「他人事だと思っておまえは・・・」
「取り返さなくていいのか?」
「無理だ それは あきらめてる」

家に泊まりに来た時に姉のパンティを
着替えから取ろうとしただけじゃなく
オフロまでのぞこうとして見つかった
その罰として姉のパンティをはいた
ハダカの写真を撮られたのだ

僕も疑われたが大野は巻き添えにはしなかった

「今ならはみだすのに あの時は・・・」
「ビビッてたよな」
「人生最大の不覚だよ」
「リベンジしろよ」
「年上には興味はない!」
「ハハハッ そうきたか」
「俺には前田という目標があるのだ」

クラスで一番のエロボディ前田ユカは
男子にとって外せない女子だ

間違いなく何人もの男と経験してるはずで
休み時間もだいたい3年の教室に行っている

僕も大野もほとんど話をしたことがない

「で 何か作戦でもあるのか」
「あるわけないだろ」
「偉そうに言うなよ」
「あぁ たまんないなぁ」
「そうだ うちの姉ちゃんに
相談すればいいんじゃないか」
「えっ!?」
「何ていうか姉ちゃんも高校の時
あんな感じだったと思うし」
「そっか そうだな でもなぁ」
「バカにされるくらい何でもないだろ
小学校の時から会ってるんだから」
「じゃあ 相談してみるか」
「俺もちょっと楽しみだし」
「玉砕すると思ってるんだろ」
「人の心が読めるなんて最強じゃないか」
「うるさいって」

「じゃあ週末泊まりって言っておくぞ」
「あぁ カレーも食べたいって言っといて」
「わかったよ」
「カレーはおばさんのが最高だから マジで」

大野は親が小学校の時に離婚したので
それを不憫に思ってるうちの親は
面倒を見ることに喜びを感じている

ペーストしては月に1回は泊まりに来ている

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析