FC2ブログ

私と息子の新しい関係(3) 「なんだよ 食べづらいだろ」

「もしもし」
「ずいぶん元気ないじゃない」
「そりゃ・・・」

清水ジュリ 41才

夫と知り合う前の短大時代からの友人だ
友人は何人かいるが家族のことまで
包み隠さず話せるのは彼女だけだ

「旦那さんのことだけ考えられるなんて幸せよ」
「マサヒコのこともあるけど・・・」
「反抗期は終わるまで待つしかないって
本人がなりたくてなってるわけじゃないんだし」
「わかってるけど夫が行ってから
エスカレートしてる気がして」
「まさか暴力は振るわれてないわよね」
「それはないんだけど」
「私はまだこれからだけどいろいろ本を
読んだりして勉強してるのよ」
「子供によって違うでしょ でも」
「そうみたい ないことを祈ってるけど」
「スキンシップをとってれば大丈夫だと思うわ」
「男の子だし 嫌がるんじゃない」
「ううん そんなことないって
私はマサヒコを抱きしめたりしなくなったから
こんな風になったんだと思うの」
「ためになるわ 子育ての先輩の助言って」
「私みたいに失敗してほしくないしね」
「明日から嫌がっても抱きついてやるわ」
「ウフフッ 喜んでも困るけどね」

ジュリの子供は上が小5のヤマトくんで
下が小3のアカリちゃんの2人兄妹だ

「そうだ ジュリは最近昼間何してるの?」
「家事をしてたらアカリも帰ってくるし
子供と遊んであとは夫と・・・やめとこ」
「いいわよ 気を使わなくても」
「そんなラブラブでもないけどね
一緒に飲んでそれで終わりなことも多いし」
「英会話はまだ通ってるの?」
「やめたのよね でも一緒に通ってた人とは
時々集まってお茶したりしてるけど」
「なんだ 一緒に通おうと思ったのに」
「英語そこそこ出来たんじゃなかったっけ」
「多少はね ただ海外で暮らすことに
なるかもしれないし勉強し直そうかなって」
「私はもう無理 やっぱり目的がないと
勉強って続けていけないってわかったわ」
「ハハハッ 確かにね アメリカのドラマを
吹き替えなしで観たいって言ってたけど」
「もう完結しちゃったもん」
「他の作品は?」
「今は中国ドラマにはまってる」
「韓国からアメリカから中国って
ドラマ博士になれそうね」
「ブログもその度にリニューアルしてるしね」
「あっ パソコン教えてよ ジュリのブログも
そこでしか見たことないから」
「パソコンあるんだよね」
「TV電話もしたわ 設定はマサヒコがしたけど」
「ノートパソコンよね」
「そう 夫が言うには最新機種よ」
「今度持ってきて」

「いつなら大丈夫?」
「別に平日ならいいけど明日は用事があるから
来週の月曜日でどうかな」
「わかった」

「じゃ 月曜日に」

ジュリと話していると少し落ち着いた
明日は駅前の英会話学校の
申し込みにでも行ってこよう


「お母さん英会話習うんだけど
マサヒコも一緒に習う?」
「そんな暇ないよ」
「いつか海外で暮らすことになるかもしれないし
勉強しておいて損はないと思うの」
「だからそんな暇ないって!」
「受験にも役立つと思うんだけどなぁ」
「うるさいな もう!」

どうして怒鳴るんだろう
私は息子を見つめた

「なんだよ 食べづらいだろ」
「ごめん ごめん ゆっくり食べて」

ごはんだけはちゃんと食べてくれる
それだけが救いだ
下には下がいる 本に書いてあった子供は
部屋に持ってこいと言い出したらしい

そして暴力を振るいだしたら末期だ
学校でいじめられてる子供が
そういう風になりやすいようだ

息子は大丈夫なのだろうか
友達のことを話してくれることもないので
どんなことになってるかわからない

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析