FC2ブログ

義母の吐息(1) 「はぁ・・・」

「はぁ・・・」

未亡人の義母は仏壇の前で
毎日のようにため息をついていた

そんな義母に惹かれてしまった私は
半ば強引に事を起こしてしまった

私は東出ケンサク 35才

健康食品のメーカーに勤めるサラリーマン
大学を卒業してすぐに入った会社を辞め
25才の時から今の会社で働いている

うちの会社はネット通販事業が主軸だが
プロモーションでいろんな場所に実店舗を
出したりして営業活動を行っている

自社製品の青汁が看板商品だ

妻はヨリコ 28才

ジムのインストラクター
出会いもまさにジムだった
妻は私にひとめぼれしたらしく積極的に
迫ってきた プロポーズも妻からだった

健康的な妻の体に私は惚れた
セックスも激しくていつも私を満足させてくれた

婿に入ったわけではないが
妻のススメで実家で義母と一緒に暮らすことになった

「貯金して建て直しましょうよ
3階建てにしてさ」
「あぁ そうだな」
「だからジムの仕事減らすの延期していい?」

週6日もジムで働いていたが
さすがに結婚したら少し減らすことで
話し合いはまとまっていた

「子供出来ちゃったらしばらく働けないしさ」
「でも・・・」
「体力には自信あるから夜の生活も
おろそかにしたりしないから」
「そうか そんなに言うなら」
「ずっとじゃないからね」

ジムの勤務時間は平日が15時から21時
土日は12時から21時 休みはシフト制だ

妻はとにかく仕事が好きだ
私との出会いまで生んでくれたことで
さらにはりきっているのだ

一生懸命な妻を可愛いと思った

義母は柳沢ユリエ 54才

亡くなった義父の2番目の妻で
義父には元妻との間に息子がいる

林ツヨシ 38才

小学2年生の時に母と共に家を離れた
絶縁状態だったが義父が亡くなったあと
度々この実家に来るようになった

かなり苦労したらしく義妹の妻が
いない時に来ては義母に悪態をついているのだ

妻が一度その現場を見て追い返したと
私は聞いている

義父の気持ちはわからないでもない
50代になってもこの美しさだ
若い頃はみんなが振り向くほどの美人だったのだろう

ただ妻は義父に似たのか
キレイとは言いがたい

私からプロポーズしなかった理由もそこだ

ただ最終的に結婚してよかったと思っている
住むところに困ることもないし
家事も義母が全部してくれるのだ

それだけじゃない 私も義父のように
義母に魅せられてしまったのだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析