FC2ブログ

グランドマザーの足跡(3) 「これで小学4年生か・・・」

先生にいたずらされたのも父と同じ時期で
小4の夏休みだった

先生といっても担任の先生じゃない 教頭先生だ

うちの学校は全校生徒が100人ほどで
1学年20人もいなかった
男女比は女子の方が少なくて私の学年には
6人しか女子がいなかった

ちなみに夫は学年がひとつ上だが
教科によっては合同で授業を受けることもあった
夫はその時から私に目をつけていたようだが
私は全く気づいていなかった

夏休みは学校のプールが開放される

普段教頭先生に会うことはあまりないが
夏休みだけは違った

生徒の見張り役で毎回来ていたのだ

いたずらされた理由は私にもある

その日は体調が悪かったが友達と約束していたので
無理してプールに行ったが暑さでプールサイドに
出た途端にめまいがした

「ハツコ どうしたの?」

そこから記憶がないが目を覚ますと
保健室のベッドの上だった

起き上がるとそこに教頭先生がいた

「あっ・・・」
「起きたのか」
「は、はい」
「家の方には連絡しておいたから
あと30分ほどで迎えに来るはずだ」

時計を見ると2時間ほど経っていた

「エミちゃんは・・・」
「あぁ いつ起きるかわからないから
先に帰らせたんだ」
「そっか」

「まず水を飲んで」
「はい」

「そうだ ここで着替えなさい
カバンも持ってきてあるから」
「は、はい」

男子と一緒に教室で着替えてた時期なので
教頭先生の目の前で水着を脱いだ

「おっ」

明らかに私のハダカを見て驚いた
そして立ち上がって私が服を着ようとすると
あわてて声をかけてきた

「待て待て キレイに拭いてから着ないとな」
「あっ はい」
「そうだ 先生が拭いてやろう
まだ立ち上がると危ないから横になって」

私はハダカのままベッドに横になった

「キレイに拭かないとな」

そう言いながら胸を揉みはじめた

「先生・・・」
「なんだ あぁ おしりの方もな
うつぶせになって」

明らかに拭いてるだけじゃないのがわかった
ただ倒れた私を助けてくれた教頭先生に
何か言うのは違うと思ってされるがままにしていた

「これで小学4年生か・・・」

独り言のようにそう言った


教頭先生にいたずらされたのは
この一度きりだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析