FC2ブログ

真夏の夜の嫁(3) 「いいじゃないか 親子だろ」

「カズミ 起きてるのか」
「・・・はい」
「どうだ 少しはよくなったか」
「本当に顔出さなくてよかったの?」
「せっかくの初日に病人が出迎えるなんて
ちょっとあれだろ」
「そうですね」

私は昔からカラダが弱い
大病はしたことがないが風邪なんかは毎年だ
あと運動神経もよくないので
無理して歩くと筋肉痛で立てなくなる

「ちょっといいか」
「・・・はい」

夫のちょっといいかはいつもの合図だ
私はシャツをめくった
するとかたくなったモノを胸に挟んでくる

「はぁ はぁ」

今日もすぐにイってしまった

夫は明らかに早漏だ
だからといってそれをどうするわけでもない
きっと本人は満足しているのだろう

「レイコさんは働いてるから洗濯とかも
一緒にやってあげないとな」
「わかってます」
「まぁ 母さんもやるだろうけど」

結婚前も家事をしていたので別に何ともない
2人増えたところでやることは同じだ


それにしても早漏でも何でもこんなに
人間らしい生活が送れるようになるなんて
夢にも思わなかった


私が結婚していなかったのは
すべて父と兄のせいだ
私の胸が成長し始めてからいたずらがはじまった

まずは父だった


「カズミ またおっぱい大きくなったな」
「もうお父さん閉めてよ」
「いいじゃないか 親子だろ」
「お兄ちゃんに見られちゃうよ」
「あいつはさっき出て行ったよ」

父は近づいてきて断りもせず揉みはじめた

「ちょっとお父さん やめてよ」
「いいだろ ちょっとくらい」
「酔ってるの?」
「あぁ おまえたちのために頑張ってるんだ
飲まないとやっていけない」

恩着せがましいのは昔からだ
引き取ってやらなかったら施設に入ってたと
実の父親のくせに言ったりするのだ

「母親よりも大きいぞ これは
俺の遺伝ってことか ハハハッ」
「ちょっともうやめて」
「男をわかってないな 嫌がるともっと
したくなるんだ」

腰にかたくなったモノを押しつけながら
しばらく揉まれ続けた


結婚する前に亡くなったがそれまで続いた
ただ胸を揉まれる以上のことはされていない


それをしたのは兄だ

はじまりはあまりにも身勝手な状況だった

兄が婚約者に突然別れを告げられ
落ち込んでいた時に話を聞いていた時のことだ

「ひどいわ」
「わかってくれるか やっぱり家族だな」
「お兄ちゃん 大丈夫?」
「あぁ でも何だか虚しいよ・・・」

兄は胸に顔をうずめてきたが
ただ甘えてるだけだと思った
失恋の痛みもあるしこの程度なら
妹として黙って受け入れようと・・・

「カズミ・・・」
「お兄ちゃん・・・」

ただそれで終わらなかった

「ブラジャー外してくれよ」
「何言ってるの?」
「癒されたいんだ」
「でも・・・」

涙目の兄の押しに私は負けた

ブラを外すと乳房に吸い付いてきた

「あんっ ダメだよ お兄ちゃん」
「すまない カズミ」
「だから・・・」

もっと抵抗すればよかったと今は思うが
あの時は兄がかわいそうという気持ちもあって
ズルズルと処女を奪われてしまった

「はぁ はぁ カズミ・・・」

胸に兄は発射した

次の日からいきなり態度が変わった
すまなさそうに抱いたことを忘れ
思い通りになる女として扱いはじめたのだ

「カズミ 舐めてやるから 脱げよ」
「イヤだよ もう お父さんに言うよ」
「受け入れたくせに何言ってるんだ
気持ちよかったんだろ」
「そんなことないよ 痛かったし・・・」
「じゃあ 気持ちよくなるまで抱いてやる」
「ダメだよ お兄ちゃん・・・」

「あぁ カズミのおかげで忘れられそうだ」

ニヤついた兄の笑みに心底殺意を抱いた
ただ実行にうつすほどの度胸はない

かなり遅かったが父が亡くなってから
兄に黙って結婚相談所に登録した

そして3日後に連絡が来てその週末に
ユキヒコさんとお義母様に会った

トントン拍子とはこのことだ
兄にはイヤミを言われたがもうどうでもよかった

私には味方がいるのだ
いざとなればユキヒコさんたちに
本当のことを話してもいいと思った

兄は内弁慶な人間なのでここまで押しかけてこない
それはずっと一緒だったのでわかる


「あなた 愛してるわ」
「なんだよ また唐突だな」
「ウフフッ」

結婚した当時よりも愛されてないのはわかっている
ただ私にとってはこの程度の愛情で十分だ

この家にいることを本当に幸せに思う

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析