FC2ブログ

僕はペット(1)

僕はペットだ

あれは5年前の出来事
当時小6だった僕は友達と
近くの大きな公園で遊んでいた

「暑いなぁ」
「アイスでも買いに行こうよ」
「お金は?」
「僕はあるよ」
「俺もある」
「えっ」
「なんだ ヒデキは持ってないのか」
「あぁ」
「いいや 今日はおごってやるよ
コンビニまでダッシュするぞ」
「え~ 遠いよ」
「早く早く」
「待ってよ」
「シンちゃんだけ足速すぎるよね」
「ダイは太りすぎだって」

運動神経抜群でクラスでも人気のシンゴと
のんびり太っちょのダイサクとは
同じ団地に住んでいてずっと仲がいい

「ダイサクは置いて2人で行こうぜ」
「え~」
「買ってきてやるって」
「本当? じゃここで待ってるよ」

そしてシンゴと僕は走り出した

「ヒデキそれで本気か」
「知ってるくせに」
「まぁ ダイサクよりマシか」

シンゴはどんどん先を行き
公園を出て行ってしまった
僕も早く追いつこうと猛ダッシュした

その時!

自転車のかげになって見えないところから
人が出てきて僕はぶつかった

「わっ」
「痛い!」

ぶつかった人はおばさんだ

「ご、ごめんなさい」
「あぁ 本当に痛い・・・」
「どうしよう・・・」
「ちょっと起こしてくれる」
「は、はい」

ただおばさんは僕の体重の倍はありそうな
体なのでうまく手助けできなかった

「大丈夫ですか」
「力ないわね」

そして自力で起き上がった

「君よそみして走ってたわね」
「ごめんなさい」

そのあとマジマジとおばさんは
僕の顔を見つめた












関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析