FC2ブログ

天使の兄嫁/悪魔の女(2) 「新作ゲットしてきた」

「叔父さん 来てたんだ」
「どこ行ってたんだ 家か」
「うん」
「なんだよ ひとり暮らししても意味ないな」
「今日はヒトミさんが引越してきたから
片付けとか手伝ってたんだよ」
「あぁ まだ来てなかったのか
てっきりおまえの引越しと同時だと思ってたよ」

叔父さんというのは亡くなった父の弟

飯田モトキ 44才

バツイチだけど子供はいない
現在は実家暮らしで独身を謳歌している

僕は叔父さんが大好きだ
性教育をしてくれたのも叔父さんで
いろいろとお世話になっている

うちの合鍵も渡してある

「叔父さん ここに来てるってことは
付き合ってる女性がいないってことだよね」
「バカ言うな 女はきらしたことないって」
「本当かなぁ」
「じゃあ 電話してやろうか」
「冗談だよ それよりどうしたの?」
「一緒にAVでも見ようと思ってな」
「えっ もしかして・・・」
「新作ゲットしてきた」
「やった~」

叔父さんの友達にAV販売をしてる人がいて
いろいろ持ってくるのだ

「おまえの好きな桜ユカリと
俺の好きなランちゃんの共演作品だぞ」

桜ユカリは30代くらいのベテランの巨乳女優
ランちゃんというのは新人のAV女優だ


「あぁ~」


1時間ほどオナニーを楽しんだ

「叔父さんもまだまだ元気だね」
「当たり前だろ おまえなんかに負けるかよ」

「そのうちこの部屋はAVだらけになりそう」
「いいじゃないか 彼女もいないんだし
お義姉さんもここに来ることないだろ」
「うん 母さんは来ないかな」

実家とこのマンションは自転車で10分ほどの
距離にある

「あっ でもヤスエさんは来るかも」
「ヤスエさんはいいだろ 別に」
「あっ もしかして狙ってるの?」
「熟女に興味あるのはどっちかといえばおまえだろ」
「さすがに母さんの年代は・・・」

「そうだ ヒトミさんってどんな感じなんだ
桜ユカリとは似てないのか」
「あっ うん でもスタイルは近いかな」
「会ってみたいな」
「兄ちゃんとも全然会ってないよね」
「まぁな いろいろあって・・・」

叔父さんと兄は何故か疎遠になっている
兄にも聞いてみたが別に会う理由がないからと
そっけなく言われてしまった

僕が叔父さんと会ってることは
母も兄も知っている

「今度昼間一緒に家に行こうよ
そしたら会えるし 兄ちゃんもいないし」
「タダシに言われるとちょっとな
写真でも撮ってきてくれよ」
「親戚なのに気を使いすぎだよ」
「兄貴が生きてればもっと堂々と行けるんだけどな」

母が家にいる時に来ることはあまりなかった
性格は違うが顔が亡くなった父と似ているので
気を使ってるのだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析