FC2ブログ

鈴木商店の未婚兄妹(1) 「いい年して これくらいのことも・・・」

童貞のまま終わる人生も悪くない


私は鈴木ジロウ 42才

大型ディスカウントショップ勤務

年齢よりも老けて見られることが多い
何の取り得もない男だ


「鈴木さん まだこの商品撤去してないんですか」
「あっ すぐにやります」
「困るんですよね」
「うっかりしてたよ」
「いい年して これくらいのことも・・・」

マネージャーの竹内は元々部下だった男だ
世渡り上手というかあっという間に追い抜かれた

私も3年前までここより小さい規模だが
別の店で店長をしていた
ただ売上げが前年割れを繰り返し降格したのだ

転職するにもこんな年なので
まわりの騒音は気にせず働き続けている

きっと会社も扱いに困ってるはずだが
業績が好調なので解雇される心配はなさそうだ


「マネージャー出て行ったんで
今日も早めにあがっていいですか」
「30分前だろ さすがに早くないか」
「タイムカードよろしくおねがいしま~す」

バイトの女の子にもいいように使われている

ただ私もこの女の子をオナニーのネタにしてるので
お互い様といえばお互い様だ


私の好きな時間は1日3回のオナニーの時間だ
食事と同じように朝昼晩毎日欠かさずしている
朝晩は部屋でするが昼は店の従業員トイレでする

昼休みは交代制で男子トイレに
誰かが入ってくることが滅多にないので
20分ほどはじっくり楽しめる

さっきのバイトの子は佐々木さんで年は23才
フリーターで趣味はライブに行くことだ
彼氏がいるのかどうかは知らないが
バンドマンにでも入れ込んでるに違いない

うちの店で売っているAVによく出てくる
電マで責める想像をしていく


「もっと強くするぞ 佐々木さん」
「やめてください」
「こっちの方がいいかな」
「どうしてそんないじわるするんですかぁ」


妄想する能力なら誰にも負けない気がする
何の取り得もないというのは撤回だ


仕事が終わって部屋に戻り
テレビをつけてパソコンを起動させて
シャワーを浴びる

20代の頃は食事にこだわっていたが
もうどうでもよくなった
迷ったらさば寿司とカップみそ汁と白菜の漬物だ

友達は数少ないが一緒に上京してきた同級生がいる
ただみんな結婚してしまったので会うのは年に数回だ

「よし はじめるか」

部屋でひとり言をいう癖も別に誰にも迷惑もかけないし
もちろん注意されることもないので直りそうにない

AVはレンタル派だったが最近はネットで
簡単にダウンロード出来るので楽になった
店員の顔色をうかがうこともない

もうこの年なのでひと通りのジャンルは見ている
ロリには興味はないがそれ以外なら
だいたい何でもOKでダウンロードするのも
人気順でソートして決めたりする

もちろん好きなAV女優もいるが
大まかにいえば巨乳好きかもしれない

今日は近親相姦モノを見ることにした

実際にも妹がいるが私と同じくパッとしないので
全く別物として見てる気がする

ただ中学の頃に妹のパンティを使って
オナニーしたことはあった

そんな妹ももう40になる 立派なおばさんだ

上京してから実家に戻ったのは
祖父母と父の葬儀の時だけなので
3回しか会っていない

最後に会ったのは父のお葬式だから10年以上前だ
母とは年1回は電話で話しているが
妹とは電話越しでも会ってないということだ

元々そんなに仲良くしてた記憶がない
2つ違いだが親の愛情を受ける妹のことを
目ざわりに思っていたからだ
もちろん今はなんとも思っていない

結婚式には呼ばれると思っていたが
私と同じくまだ独身のままだ

実家の方は古い習慣もあるので
見合いであっさり結婚すると思ってたので
かなり意外な気がしている
パッとしないといっても胸も大きめだし
女として終わってるわけではないので
誰でもよければ相手が見つかるはずなのだ


そんなことを考えている時に
実家から電話がかかってきた
こんな夜遅くにかかってくるなんて珍しい
母は普段なら寝ている時間なのだ

「お兄ちゃん お母さんが・・・」

久々に聞いた妹の声で無情にも母の死が告げられた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析