FC2ブログ

姉の反応(1) 「バカにされそうな気がする」

「バカにされそうな気がする」
「まぁ うちのお姉ちゃんならありうる」
「モトコ姉ちゃんはレベルが高すぎる
いろんなの見てるはずだし」
「そうだね」


僕は尾崎ケンタ 16才

エッチに目覚めた小5の時から
頭の中は女の子のことでいっぱいだ

「似合うでしょ」
「いきなり金髪にしちゃうなんて・・・」
「ブラウン系で様子を見ようと思ったんだけど
美容師さんが思いきってしてみればって」

姉はマキ 19才

昔はメガネで太っていたがコンタクトに変えて
ダイエットしてぽっちゃり程度になった
性格は穏やかだが時々思いきったことをする

今回の金髪はさすがに僕も両親もびっくりした

「マキは専門学校デビューね」
「大丈夫なのか そんな髪で」
「今時こんなの普通だよ」
「俺らの時は不良だけだったんだけどな」
「お父さん 古すぎるよ」
「ハハハッ だってお父さんは年だもん」
「それを言うなよ」

母はまだ45才だけど父はまもなく60才になる


友達は杉本シュン

近所に住んでいる同級生で
小さい時からいつも一緒に遊んでいる

姉はモトコ 21才

いわゆる不良で今時珍しい中卒だ
誰でも入れる高校があるにも関わらず進学を拒否した

紆余曲折あって何故か今は正体を隠して
猫耳をつけてメイド喫茶で働いている

正体を知ってる僕としては逆に末恐ろしい


「シュンをいじめたら承知しないよ」

はじめて家に行った時に脅された時のことは
今でも頭に焼き付いている まだ僕は小4だったのだ

ちなみにシュンはモトコ姉ちゃんと正反対で気が弱い

「ケンタくん ごめんね」
「びっくりしたよ」

モトコ姉ちゃんにビビッて誰もシュンに
近づかなかったので僕がはじめての友達だ

友達になったばかりの頃は
だいたい家でゲームをしていた

「シュン レベル上げ頼む」
「うん わかった」

何でも言いなりだ

「あぁ ケンタくんが友達になってくれて嬉しいな」
「なんだよ 恥ずかしいな」
「だって 本当だもん」


エッチに目覚めたキッカケはモトコ姉ちゃんだった
小6になった頃の話だ

「シュンと仲良くしてくれてるから
プレゼントあげるよ ケッケッケ」

それはまさしくエッチな本だった
女の人のハダカがだけじゃなく
いろんな体験談も載っていた

「ケンタくん 僕 興奮してきちゃった」

ビンビンになったちんちんを見て驚いた
シュンの方が反応がよかったのだ




にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析