ラブホ街で再会した兄妹(2)「お兄ちゃんってひとり暮らし?」

「お兄ちゃん 何だかムキムキになってない?」
「あっ まぁ 鍛えてるからな」
「そうなんだ もしかしてプロテインとか飲んでるの?」
「飲んだことはあるけど金がもったいないから今は飲んでない」
「ふ~ん あとで筋肉を見せてもらいたいな」
「いくらでも見せてやるぞ」


鍛えてるのはもちろん女にモテたいからだ


「乾杯!」


いつのまにか妹も酒まで飲めるようになってるとは・・・
時の流れを感じる


「お兄ちゃんってひとり暮らし?」
「あぁ 大泉に住んでる」
「遠いなぁ 田舎じゃない どうしてそんなところに」
「不動産屋にすすめられたんだ 何も知らなかったしな
まぁ 家賃も安いし住めば都だぞ なか卯もあるし」
「ハハハッ なか卯だって」


うちのごちそうと言えばなか卯の親子丼セットだった


「まだあるのか あそこのなか卯」
「あるある 人気店だもん お正月にも行ったよ」
「実家には真面目に帰ってるんだな」
「当たり前じゃない お兄ちゃんじゃあるまいし」
「ハハッ」
「まぁ お年玉を回収しに行ってるだけだけどね」
「20才超えたのにまだもらってるのか」
「うんうん 特におじさんたちからは結構もらってる
今年は合計15万くらいになったよ」
「すごいな 俺の過去最高は3万くらいなのに」

「ねぇ 来年のお正月は一緒に実家に帰ろうよ」
「えっ いやっ さすがに気まずいって 今さら・・・」
「まぁ 成功したら帰ってくるだろとか前はみんな言ってたけど
もうそんなにお兄ちゃんに関心ある人いないから」
「そりゃ そうだろ」
「私もさっき声をかけられるまでお兄ちゃんのことなんか
忘れちゃってたし ハハハッ」


面と向かって言われると少し寂しい


「・・・俺は時々思い出してたけどな」
「私のこと?」
「いやっ 歩美というか家族のこととか・・・」


成功したらというよりも結婚相手を見つけたら
さすがに家に連絡しようと考えていた


「ホームシックになってるじゃん 完全に」
「そんなことは・・・」
「あるでしょ かわいいな お兄ちゃん」
「かわいいって・・・まぁ いいや 飲むぞ 歩美」
「はいは~い 乾杯!」


そのあとは食事に集中しながら1時間ほど店で過ごした



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(17)「火をつけたのはお義父さんですよ」

「えっ あっ あんっ あなた・・・」


目覚めると私はパジャマを脱がされていて
夫におっぱいをまさぐられてる最中だった


「おはよう そしてごめん 先に寝てしまって・・・」
「ウフフッ 今日仕事あるのに大丈夫なの?」


起床時間にはまだ1時間ほどある


「恵美 キレイだよ」
「うれしい」


チュッ


義父との関係を考えると申し訳ない気持ちもするが
その分余計に興奮する


「あっ あぁ~ん」


1階の義父に聞こえるくらいに声をあげた


「ハハハッ さすがに父さんに聞こえちゃうよ」
「そういうこと言わないで 直之さん」
「おっぱいもっと吸っていいかな」


チュッ チュパッ


「仕事休みだったらもっと楽しめるのになぁ」
「はぁ はぁ」


モミモミッ ジュルジュルッ チュパッ


朝食の準備の時間まで夫におっぱいを触られ続けた



「おはようございます お義父さん」

「おぅ 起きたか」
「はい」
「今日もおまえたち元気そうだな」
「ウフフッ」
「ハハッ」


「じゃあ 行ってくるよ」
「はい お弁当」
「頑張って来いよ~」
「父さんも」


「朝から楽しんでたな ハッハッハ」
「火をつけたのはお義父さんですよ」
「そうか そうか」


朝から夫と義父のおちんちんを堪能する


パクッ ジュルジュルッ


「おっ おぉ いいぞ 恵美」
「はぁ はぁ」


ペロペロッ


「じゃあ 行ってくる」
「行ってらっしゃいませ~」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(1)「おまえキャバ嬢なのか」

「おいっ 歩美 こんなところで・・・」
「お兄ちゃん!?」


妹と新宿のラブホ街で8年ぶりに再会した


古川功太 27才  妹 歩美 23才 

俺は家を出て最初の会社を辞めた時に
携帯番号を変えてそのまま家族に連絡しなくなった


「この辺で働いてるのか」
「ごめん 話はあとで ちょっと離れて」


妹の方に中年の男が近付いてきたので
言われた通りに少し離れた


「これ 飲んで飲んで」
「ありがとうございます」
「じゃあ タクシーとめようか」
「あっ 今日はドンキで買い物してから帰ろうかなって」
「そう じゃあ これ取っといて」
「いいんですか さっきもらったのに」
「これはタクシー代だって いやぁ 楽しかったよ
仕事あるからもう行くけどまた遊んでくれるかな」
「もちろんです 連絡待ってますね」
「ハハッ」


その男はタクシーに乗りその場を去っていった
妹はそれを確かめたあと俺に近づいてきた


「おまえ まさか・・・」
「何?それにしても久しぶりだね」
「あっ まぁ そうだな」
「化粧してるのにすぐバレちゃったか ハハッ
でも成長したでしょ」


露出の多い服なので体の線がはっきりとわかる

身長は伸びてないし顔もあまり変わってないが
胸だけ明らかに大きく膨らんでいる


「今の男って彼氏とかじゃないよな」
「基準がわからないけど男友達のひとりだよ」
「友達って・・・年上すぎるだろ」
「冗談だよ 体験入店で知り合った人 優しいんだよ」
「おまえキャバ嬢なのか」
「体験だってば そんな面倒な仕事しないよ 無職無職
友達の家に居候してるの」
「そうか」

「お兄ちゃん そんなダサい格好で女の人と会ってたの?」
「違う違う 仕事帰りだって」
「そうなんだ でも偶然にしてもすごいよね」
「あぁ」
「仕事終わったんでしょ 韓国料理食べに行こうよ このお金で」


5000円札をヒラヒラさせている


「友達の家ってどこだ 遠いのか」
「東中野だよ 頑張れば歩いて帰れるかな」
「さっきの男 金持ちなんだな」
「ただのサラリーマンって言ってるけどわかんない
あっ 今日は3万円もらってるけどね」
「それは・・・そういうことのお礼だろ」
「あぁ~ん お兄ちゃんとこういう話するの興奮するなぁ」


俺もだ 妹とはそもそも仲がいいわけでもなかったので
スケベな話をしていることが信じられない

特に家を出る前はオナニー中毒だったので
家族が邪魔で仕方なかった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(29/最終話)「離婚してくれればいいのにな」

「幸子さん おはようございます」
「おはよう 康夫くん」
「見慣れました?」
「ウフフッ さすがにね」


ガチャッ


「じゃあ 行こっか 康夫」
「うん 姉ちゃん」
「行ってきます 幸子さん」
「行ってらっしゃい」


ブルルルッ


「今日からじゃない 新しい定食がはじまるの」
「そうそう トマトハンバーグ」
「もうさぁ 炊飯器捨てちゃおっか」
「ハハハッ」
「洗濯もさ 幸子さんに頼もうかなって」
「怒られるよ」
「どんどん甘えていきましょ お隣さんなんだし」


キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン


「あぁ 太りたいなぁ」
「そのセリフ一度でいいから言ってみたい!」
「飯田も何だかんだ痩せてきてるじゃないか マユコ効果で」
「いやいやっ 週1回も会えてないから」
「離婚してくれればいいのにな」
「そしたら相手してくれなくなるって」
「ハハハッ 弱気すぎるし」

「なぁ 久々に試写室行かないか」
「試写室って ハハハッ まさかの飯田から誘われるなんて
これは断れないな」
「別物って意味がやっとわかってきた」
「だろ 試写室とネットカフェは全く別物だから」
「そういうことじゃないって ハハハッ」


-おわりー



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(16)「息子の嫁のハダカはやっぱり格別だな ハッハッハ」

「じゃあ シャワー浴びてきますね」


短めにシャワーを浴びて部屋に戻ったが
夫は熟睡してしまっていた


「あなた あなた」
「・・・」


ただ私は昼寝して肉を食べて義父にちょっかいまでかけられて
とにかく悶々としているので眠れそうにない


トントンッ


「おっ 何だ 恵美さんか」
「はい 入ってもいいですか」
「おぅ」


さすがの義父も布団に入って寝る体勢になっていた


「なんだ 早いな もう しゃぶりに来てくれたのか」
「直之さん 寝てしまって・・・」
「あいつは全く・・・おっ ノーブラじゃないか」
「わっ あっ・・・」


いきなりパジャマ越しに乳首を摘まみだした


「風呂上がりの女はたまらないな ハハハッ」
「あんっ お義父さん やめてください」
「おいおいっ 自分から入ってきてそれは無理あるだろ」
「だって抵抗しないと・・・あっ あぁ~ん」
「気にしてるようだからその話は一旦なしにしよう 
この状況だけでも十分エロいからな」
「もし直之さんに知られたら・・・」
「俺が無理やりしたことにするから心配するな」
「本当ですか?」
「酔ったフリでもボケたフリでもしてやるって」


ブチュッ チュッチュ~


「はぁ はぁ お義父さん 激しい・・・」
「どうだ 俺の唾の味は」
「おいしいです・・・お酒飲みたくなってきました」
「そうか じゃあ 持ってこい」
「はい」


2階に上がり夫が熟睡してることを改めて確認した

そしてコンドームをひと箱とビールを抱えて
義父の元に戻った


「遅いじゃないか 恵美さん」
「これを・・・」
「おぉ 今日は最後までやるつもりなんだな」


ゴクゴクゴクッ


「ふぅ おいしい」
「俺もひと口くれ」
「どうぞ」


ゴクゴクゴクッ


「お義父さん 間接キスで満足しないでくださいね」
「ハッハッハ 当たり前だろ もう濡れてるんだろ」
「それは・・・」


パンティを自分で脱いでワレメを義父の顔に近づけた


「イヤらしいニオイがするな 恵美さんのマンコは」
「舐めてください」
「おぅ しっかり舐めてやる」


ピチャッ ピチャ ベロベロッ


「上も脱いでくれ」
「はい」


私だけ先に全裸になった


「息子の嫁のハダカはやっぱり格別だな ハッハッハ」
「お義父さん・・・」


義父に絡みついてパジャマを脱がして・・・


「若いな 恵美さんは はぁ はぁ」
「もっと強く あっ あぁ~」


パクッ ジュポッ


「おぉ ついにしゃぶってくれたな 最高だ」


ジュルジュルッ


「そろそろゴムをつけてくれ」
「は、はい はぁ はぁ」


グリグリッ


夫よりもたくましいおちんちんが入ってくる


「うっ あっ あぁ 恵美さん 恵美さん」
「呼び捨てにしてください」
「そうか 恵美 恵美 おっ あぁ~」


パンパンッ パ~ン パンパンッ


「あぁ~ん あんっ あんっ あっ あぁ~~~~~~」
「おっ 俺もイキそうだ あぁ~」


ドピュッ ドピュッ


義父とのはじめてのセックスは最高だった
一緒にイケるなんて相性が良すぎる


「さすがに眠くなってきた」
「今日はありがとうございました」
「これからも楽しもうじゃないか なっ 恵美さん」
「ウフフッ よろしくお願いします」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1145位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析