FC2ブログ

叔母と少年(13)

「サラ 真っ黒じゃないの」
「ウフフッ」
「この子はスイミングの時だけじゃなくて
学校のプールにも毎日のように行ってるからね」
「だって泳ぐの楽しいもん」
「柔道の師範にも言われたみたいよ
こんな真っ黒な柔道選手はなかなかいないって」
「夏はないんでしょ 大会は」
「水泳は夏休みの最後の方にあるわ
レベルが高いから入賞も難しそうだけどね」
「だって高学年の人も一緒だから」
「早く体を大きくしないとね」
「いっぱい食べてるよ」
「そうなの サラったら私より食べるんだから」
「170cmくらいまで伸びたら
オリンピックに出れそうね どっちで出るのかな」
「柔道より水泳の方が気持ちいいから好き」
「でも投げ飛ばすのも好きなんでしょ」
「うん」

「じゃあ 行こうか」

義兄の運転する車でプールに向かった
このあたりではかなり大きなプールだ

「眠そうね」
「楽しみで眠れなかったみたいよ」
「寝るから話しかけないで」

ユウマは寝てしまった

「ユウトは泳ぐの得意なの?」
「うん」
「お姉ちゃんのところはみんな運動神経いいわね」
「まぁね 私が一番ダメかも」
「それもすごいわ お姉ちゃんも
リレーのアンカーだったのに」
「それは小〇校の時だけよ
この子たちも1位しか取ったことないし」
「うわぁ」


プールでは買ったばかりのビキニを着た
気になるのは2人の反応だけど・・・

「うわぁ ナオミちゃん セクシーだね」
「ちょっとあなたどこ見てるのよ」
「違うって 一般的な感想を言っただけだって」
「私も新しい水着なのに」
「あっ 本当だ 似合ってるよ」
「もう遅いわよ」
「揉めないでよ」
「叔母さん いつものことだよ」
「そうなの?」
「うん そんなことより早く行こうよ」

サラに捕まってしまった

ユウトは義兄たちとユウマはひとりで
勝手に泳ぎに行ってしまった

今日は私にいたずらはしないつもりかな
まぁ みんないるとやりにくいか


「叔母さん ママよりおっぱい大きいね」
「えっ ハハッ そうね」

ただスタイルは姉の方がいい
モテたのも明らかに姉の方だった

「私も大きくなるのかな」
「そりゃ そうよ まだまだ先だけどね」
「おっぱい大きいと泳ぐの遅くなりそう」
「ハハハッ そうかもね でもまだ負けないわよ」
「じゃあ 勝負しよ」
「いいわよ~」


そのあともずっとサラと一緒だった
帰りの車でもとなりに座っていたので
ユウマどころかユウトともあまり話も出来なかった


「じゃあ 今度よろしくね」
「ユウト 一緒に宿題しようね」
「う、うん」

「バイバ~イ 叔母さん」


困ったな ブログに書くことがほとんどないわ
写真も撮れてないし サラとは仲良くなれたけど
ショタコン失格の1日だったわ


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


叔母と少年(12)

「代表 どうなりました?」
「バッチリよ」
「やったぁ」

新しいメンバーが増えた影響もあって
最終的にオフ会に参加を表明してる人数が
20人を超えた

「それにしても10人以上うちに泊まるから
あの子たちびっくりするだろうなぁ」
「ハハハッ 予告しないんですか」
「お姉ちゃんにはパーティするって言ったけど
そこまで多いとは伝わってないかもね」
「人見知りだと逃げ出しちゃいますね」
「それは全く大丈夫よ ユウマは生意気だし
ユウトはもう甘えん坊に転職してるし」
「ハハハッ みんなで可愛がりましょ」
「だから12才以下の男の子は・・・」
「わかったわよ フミカちゃん でもさ
そもそも12才じゃなくて18才以下だからね」
「ハハハッ 正論言っちゃダメでしょ 代表」
「それは・・・」
「責めてるわけじゃないわよ 同士なのに
ユウマを見て楽しんでね」
「ウフフッ」
「はい 小島さんが妄想モードに入りました!」
「ハハハッ」

結局キョウコちゃんもフミカちゃんも
うちに泊まることになった


「みんなが待ってる続きはどうなってるんですか」
「明日お姉ちゃんたちとプールに行くから
そのことをブログに書くわ」
「プールならエッチなエピソードかなりありそうだなぁ」
「ビキニ外されたらどうしようかな
2人には見られてもかまわないけど他の男にはね」
「そりゃそうでしょ」

「写真つきでお願いします」
「それは会員限定の方にだけアップするわ
捕まっちゃうから」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

叔母と少年(11)

それから着々とオフ会の準備を進めていった
もちろん2人をその時期に預かる計画もだ


「本当にいいの?」
「任せてよ もうユウトとは仲良しだし」
「まぁね こっちはありがたいけどさ
でもお母さんたちが旅行に行ってる間はいいわよ」
「大丈夫だって 友達呼んでパーティするから
私ひとりじゃないし」
「絶対に悪さするわよ ユウマは」
「早く仲良くなりたいのよね」
「そうなったら預けやすくなるから
私にとってもいいけどさ」

両親には避暑地への3泊4日の旅行をプレゼントした
もちろんオフ会の日程に合わせてだ
たまたま友達に宿泊券をもらったとウソをついたが
暑がりな母は喜んでくれた

その前後一週間預かることにした 
怪しまれないようにいろいろと考えてそうしたのだ


「ナオミ うちにも遊びに来てよ」
「そうだね サラにも会いたいし
お邪魔じゃなかったらいつでも行くわよ」
「じゃあさ 来週家族みんなでプールに
行くんだけど一緒にどう?」
「行く行く」
「もしあの2人を手なずけられたら
こっちで同居してもらうかも」
「ハハハッ それもいいかもね
花嫁修業の番外編で」
「番外も番外よ っていうかさ ユウマとも
仲良くなれたら子育てマスターよ ナオミは」
「早く結婚しないとね」
「そうだよ 何なら今度のプールで見つけて」
「すごいビキニ着ていかないとな」
「私もこの間新しいの買ったのよ
ビキニじゃないけど」
「お義兄さんがまた喜んじゃうわね
もしかして4人目かな」
「無理無理 サラには留学してもらうつもりだし
経済的に限界だわ ユウマたちも中学に入ったら
急に勉強頑張るかもしれないしね」
「あぁ やっぱり子育てって大変だね」
「今は3人でも子だくさんだもん
市の補助が手厚いから小さいうちは楽だけど」
「ふ~ん」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

叔母と少年(10)

「面白かったな ユウマ」
「悔しいなぁ じいちゃんに負けるなんて」
「いつでも勝負してやるぞ」

レースゲームで何度も対決していたが
父が最後連勝で終わったのだ

「あなた すごいじゃない ユウマに勝つなんて」
「レースゲームだけは昔からやってたからな」

「でもじいちゃんコインゲームは全然だったよ
叔母さんの方がたくさん出してた」
「そうなの ナオミ」
「まぐれで何度か当たっただけだけど
大当たりだったから」

「あぁ 悔しい ちょっとオフロ入ってくる」
「ここで入るの? もう迎えに来るけど」
「いいでしょ シャワーくらい」
「もちろんいいわよ ユウトはどうする?」
「僕は家で入るからいいよ あぁ おなかすいたなぁ」
「駅弁買ったから何も食べさせないでって
言われてるからガマンしてね」

本当に忘れてるなんてこっちが悔しいわ
家に帰ってすぐにノーパンになったのに


「ユウマ」
「何だよ 叔母さん」

浴室までついていった

「もういいよね」
「何がだよ あっ そっか」
「今 思い出したの?」

自分がパンツをはいてないことで
たった今気づいたようだ

何度もお〇っこに行ってたはずだけど

「ちんちん見るのが好きなの?」
「えっ 何言ってるのよ もう」

もちろん大好きだけど

「もういいから あっちに行ってよ」
「わかったわよ」

あまりにもそっけない
私をいじめるのに飽きてしまったのか
いやっ 父に負けたことでそれどころでは
ないということか



「ナオミありがとね あれっ ユウト・・・」
「好かれちゃったわ」

玄関に手を繋いで連れていったのだ

「お母さん じゃあ これからもよろしくね」
「はいはい」

「ユウマ 何か気に入らないことでもあったの」
「何でもないよ」
「ちょっとあいさつしなさいよ」

ユウマはサヨナラも言わずに出て行ってしまった

「いいわよ そんなの」
「俺にレースで負けて悔しがってるんだ」
「ウソでしょ お父さん ユウマに勝ったの?」
「あぁ すごいだろ」
「そんな特技があったなんてびっくりよ」

「バイバイ」
「ウフフッ ユウト また遊びに来てね」
「うん」


私はこの出来事を2人の名誉のために
一応妄想込みとただし書きを入れてブログに掲載した
それがメンバー以外からの反響も大きく
ホビッツのメンバーが一気に10人も増えた

コメントでも続きを期待されてるが
もちろん私もそれを望んでいる


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

叔母と少年(9)

「あっ 叔母さん 起きてるんだ」
「ねぇ もう脱いでいいでしょ
お〇っこ行きたいんだけど」

さっき行ったけどね

「ハハハッ」
「笑ってないで いいのか悪いのか言ってよ」
「いいに決まってるじゃん」
「脱がしてくれないの?」
「どうして俺がそんなことしないといけないんだよ」

人によってはご褒美だから聞いたのよ

私はユウマに見せつけるようにして
脱いでいった

「全部洗濯しないと ハハハッ」
「しないわよ 全部は」
「ユウトにはかせたのも入ってるのに」
「そうなの?」

ユウトのおちんちんが触れたパンティか 悪くない

そして最後の1枚も脱いだ

「今日はノーパンでゲーセン行くの?」
「汗かいちゃったから着替えるだけよ」

ワレメをずっと見せつけているが
見てくれたのは一瞬だけだ

「やっぱり罰ゲームおわりはなしね
ノーパンでゲーセン行ってよ」
「イヤだよ スカートめくれたら見えちゃうし」
「スカートで行くつもりなんだ ハハハッ」

あっ そっかズボンなら問題ない

「じゃあ ズボンをはこうかな
ううん でも罰ゲームは終わったはずよ」
「いいじゃん 面白そうだし」
「ユウマもノーパンで行くならいいよ」
「えっ 俺も?」
「無理だよね 根性ないみたいだし」
「ふざけんな やってやるよ
でも叔母さんはスカートだからな」
「いいよ」

ついにユウマのおちんちんとご対面だ

「ここからだよ 早く脱いで」
「ヘンタイだな 叔母さんは」
「ユウマに言われたくないよ」

ユウマは立ち上がって私の前でパンツを脱いだ

包茎だけど思ったよりも大きい
これは将来楽しみだ

「動かしてみてよ」
「どうして今しないといけないんだよ」
「出来ないんだぁ ユウトに言っちゃおうっと」
「うるさい!」


朝ご飯を食べて10時頃に家を出た

ユウマには悪いがパンティはトイレで身に着けた
さすがに外でめくられたら父もいるし
いろいろと大人として立場がなくなるからだ


「叔母さん」
「うん? どうしたの ユウト」
「言ってないよね」
「当たり前じゃない 言うわけないでしょ」
「・・・ありがと」

素直なユウトが可愛くて仕方ない

「手つないでくれる?」
「うん」

おねしょしてくれたおかげで
もうユウトは私の言いなりだ

「いつから叔母さんと仲良くなったんだよ」
「えっ・・・」
「私が無理やり手を繋いだのよ
ユウマはおじいちゃんと手を繋げばいいでしょ」
「うるさい!」


ゲームセンターでは私をノーパンにしたことを
忘れたかのように全く相手もしてくれなかった

「ナオミ 適当に賭けてるだろ」
「だって何が来るかわかんないし」

「叔母さんはやっぱりトロいな」
「関係ないでしょ」

「ユウト どっちに賭ければいい?」
「こっち」
「じゃあ そうしよっと」

「僕はアメリカンドック」
「ユウマはどうする?」
「焼きそばとフライドポテト」


5時までたっぷり遊んだ

帰り道もユウトと手を繋いでいたので
ユウマとはほとんど話す機会もなく家に着いた


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析